読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なぜ自転車ブランドでリーダーバイクだけが特別なのか -メディア考察の視点から考えてみる-

BROTURES海外特派員ブログ

御陰さまで毎月数多い雑誌、ウェブメディア様に取り上げていただいたり、リースで撮影の際に使用して頂いたり嬉しい限りです。
様々なメディアが独自の視点で独自のブランド感を表現してくれているため、改め気付かされる事や新しい事が多いです。

f:id:hynm_brotures_hukui:20170208075343j:plain

f:id:hynm_brotures_hukui:20170208074737j:plain

f:id:hynm_brotures_hukui:20170208074750j:plain

なぜこれを見ている人の中には「なんでこんなにもLEADER BIKESだけが自転車ブランドとして長年に渡りフューチャーし続けられているのか」という疑問を抱いている人も少なくないのではないでしょうか。

注:ここで言う「リーダーだけ特別」というのは、他ブランドが特別でないという意味ではありません。もちろん多くのブランドにも個々に個性や特別なところがありますが今回はリーダーがなぜこんなにメディアに取り上げられるのかにフォーカスしていますのであしからず。

 

まず一番最初にリーダーが大衆紙に取り上げられたのはおそらく2010年発売くらいのネコ・パブリッシングのPEDAL SPEEDや三栄書房のLOOP MAGAZINE。

当時まだ珍しかったピストに特化した専門誌として発刊当初からまだ認知度が少なかったリーダーの魅力を見出してくれたことは今でも鮮明に覚えています。
そしてその後自転車の専門誌に留まらず、スケート、ファッション、サーフなどの他業界のメディアからも注目を得る事になります。その先駆けが2011年のOLLIE MAZGAINE。
当時の副編集長が大のピスト好きで自分でも乗っており、大会にも率先して参加していた事は業界の人であれば記憶に残っているはず。(BROTURES前身JAH LIFEのRIDE TO JAM YOKOHAMAでもしっかりエントリーしていました笑)
その後、2012年には日本初となるコラボレーション、「LEADER x NITRAID」が発売され、TOKYO RIDEの動画と相まって、メディアからの注目度は高まりました。

f:id:hynm_brotures_hukui:20170208074834j:plain


今思えば、自転車とファッションをつないだ先駆的なコラボであったと振りかえってみれば思います。
その後も、VANS、BACK CHANNEL、Mighty Crown、UNDFTDなど自転車に留まらないリーダーは活動範囲を徐々に拡げていきました。

 

さて、そこで先の疑問「LEADER BIKESだけが自転車ブランドとして長年に渡りフューチャーし続けられているのか」ですが、いくつかのファクターがあります。それを三つに分けて考察してみましょう。

 

・インダストリアルデザイン
・ブランドの世界観
・先駆性

 

・インダストリアルデザイン

まず、デザインに関して言えば、見ても分かる通り、誰がどう見ても何かヤバい印象を受けるリーダーの商品デザイン性。多くの感度の高い人、いろいろなものを知り見てきた人でも、「これは良い」と言ってもらえる言葉では言い表せない普遍的な美がそのどこかにちりばめられているからこそ、長年に渡り飽きずにかつ、いつでも新鮮で新しい驚きを与えられているのではないでしょうか。
殊に車業界のモデルチェンジはおよそ6年前後と言われています。しかしリーダーは毎年何かしらをマイナーチェンジしており飽くなき商品開発を怠らないのです。
もちろんこれは簡単なことではありません。
モデルチェンジに必要なコストは、デザイン設計、サンプルテスト、マーケティング素材撮影など設計に1年、サンプルテストに1年、マーケティング素材の撮影やらお金と時間がかかることばかり。
普通はこんなこと毎年しませんが、リーダーはしてしまうのです。
しかしそれが、いつまでも飽きない、こだわりにこだわり抜いた、感度が高い人も唸る商品へと繋がっていくことは間違いありません。

 

・ブランドの世界観

またブランドの世界観ですが、つまりはブランド感、ブランドイメージというところでしょうか。
リーダーバイクには他ブランドには全くない独特な世界観を持っています。
ロードバイクやマウンテンバイクのブランドでリーダーよりも知名度があり、より歴史があり、知名度もあるブランドはいくらでもあります。
しかし、このブランドは良くも悪くも「自転車に乗る人」をターゲットとしており、大半の顧客はそのような層の人たちでしょう。
しかしリーダーが違う点は、自転車に乗る人というカテゴリーで顧客を見ておらず、「かっこいいモノが好きな人」という見方をしていること。これが従来の自転車ブランドの固定観念をいい意味で壊したと言えるのではないかと思っています。

カリフォルニア最南端の都市サンディエゴで生まれて早18年目。その18年の間に培ってきた「カリフォルニアストリート」という世界観は自転車という切り口だけでは表せず、多くのカルチャーが相まって構成されています。それを自らの視点で表現し続けてきたリーダーは間違いなく独特な世界観を有していると言えるでしょう。

 

・先駆性

先駆性、つまりパイオニア的存在であるということ。リーダーはその名の通り、どこのブランドのまねもしない、常に新しい、今までになかったことを探し続けて、実行してきています。
今までどこかで見た事あるようなモノであればつまらない、自分たち自身もわくわくできるような新しいことを求めるブランド理念だからこそ、いつまでも業界のパイオニアであり続けられるのだと思います。
もちろんまねされる事は多々あります。商品デザイン、マーケティング、コンセプトなど、ファッション業界でもよくあるように、カッコいいブランドンのまねをして後発的に出てきたブランドがそれをより安い値段で売るというのはよくあるブランド戦略です。
しかし何が本物で何が偽物かを分かる人にとっては、全く問題ありませんし、リーダーの顧客は「本物の区別が出来る人」です。
もし友達になんでこのチャリはこんなに高くて、似たようなはこんなに安いの?と言われたら、言ってやって下さい。「お前にはまだ早いよ」と。
ポルシェ、ランポルギーニ、イブサンローラン、シュプリームなどの本物と言われているブランドはそれなりの値段します。ポルシェの911と某社の軽ワゴンはなんで値段がこんなに違うのと問うているのと同じではないでしょうか。

リーダーバイクというブランドが自分が知っている中で唯一自転車ブランドとして、他業界に浸透し、業界を繋げ、自転車という枠組みをいい意味で壊した存在であるということを思っています。
それがリーダーがリーダーである所以です。

 

現在まだアップしきれていない数多くの雑誌、ウェブメディアがありますが、頑張って随時アーカイブとしてアップしていきます。
皆様の愛車、そのブランドがどのような視点でフューチャーされているか是非要チェック!

BROTURES MEDIA

SoCal Fixed Series 2017 presented by Leader Bikes

世界のプロチームも参戦するカリフォルニア最大のピストレースシリーズ「SoCal Fixed Series」


今年の2017年はなんとリーダーバイクがメインスポンサーとして、2月から8月までの2017シーズンが開催されます!

f:id:hynm_brotures_hukui:20170122033040j:plain


2月26日の初戦から7月16日までの計10戦をポイント形式でシリーズを通して競い合うこのシリーズは最後にシリーズチャンピオンが決められます。
去年は惜しくもリーダーバイクのチームライダーDante Youngがシリーズ2位という成績でしたが、今年は新たなカテゴリーも加わり、どのような猛者が出てくるのか楽しみです。

 

今年からは男子、女子エリートカテゴリーだけでなく、アタックカテゴリーという次世代の若手ライダーを育てるカテゴリーを設立。
そうすることで、今までエリートカテゴリーは速すぎてついていけない、レースをやり始めたいけどいきなりは怖い、という次世代のライダーの足がかりとなり、より多くのレーサーがここカリフォルニアで育ち、世界へ羽ばたいてくれる事を期待。

f:id:hynm_brotures_hukui:20170122033143j:plain

f:id:hynm_brotures_hukui:20170122033157j:plain

 

リーダーのカルチャーを育てたい、若手を育成したいという想いが現実となり、実現したレースシリーズ。

アメリカと日本の決定的な違いはこのチャンス、機会の違い。

アメリカではアスリートやアーティスト、パフォマーを育てる場所、挑戦できる場所が多く存在している一方、日本ではそれが桁違いに少なく感じる。

このアメリカの当たり前に若手、頑張ろうとしている人が頑張れる場所が当たり前にある風土こそ、今までのアメリカンドリームを支え、多くのカルチャーに影響を及ぼすトップアスリートを輩出してきた理由なのではないだろうか。

 

もちろん一度それがカルチャー、競技として根付けば、日本も技術や独自のメンタリティでよりいい成績を残せるトップアスリートが出てくる事が、スケートボード、サーフィンなどで近年証明されてきています。

しかし、それはあくまで彼らの作ったスポーツの土台があってこそ。今の若い子たちはどう考えているか分かりませんが、それを知っている日本人はどう日本人が好成績を取ろうとやはりその違和感が残る。日本の柔道をオリンピックなどの世界大会を見ている時のように。

 

今後日本は技術だけでなく、そのような目に見えない土台作り、成長できる、挑戦できる場をより提供していくべきなのだろうか。それともそこは海外のスポットに任せて、日本で技術を積み世界に羽ばたくという図式を継承し続けるべきなのか。

 

どちらにせよ現状このレースシーンの日本国内のレースは皆無。もし世界に打って出たい足に自信のある若者、それをスポンサーしたい会社様。

是非日本人がカリフォルニアで活躍している姿を見たいものです。

 

基本的にLAやOC付近でのレース開催になりますので、是非日本からも行く機会があれば是非チェック!

 

レーススケジュール
2.26.2017 ASIA CRITERIUM
3.05.2017 CBR  
3.12.2017 MARTUCCI CRITERIUM
4.02.2017 CBR – APRIL 2ND
04.09.2017 ZALDUA CRITERIUM
05.14.2017 RIOS CRITERIUM
05.29.2017 CBR – MAY 29TH
06.04.2017 PERFETTO CRITERIUM
07.02.2017 CBR – JULY 2ND
07.16.2017 CELSO CRITERIUM

 

 

BROTURESからのお年玉!

みなさま、新年明けましておめでとう御座います。
昨年は格別のお引立てを賜り厚く御礼申し上げます。
本年もより一層のご支援を賜りますよう、BROTURES一同心よりお願い申し上げます。

という前置きは後にして、今回は毎年行われる新年セール以外の特典をご紹介しましょう。
それは1月2日に発売開始されるLEADER BIKES DVD BOOK 2016-17の新年セール期間中のみプレゼント!

f:id:hynm_brotures_hukui:20161231191918j:plain


対象者は、店頭で車体、及びパーツ1月2日から9日の期間での購入者、通販にて車体、及びパーツ1月2日から9日の期間での購入者、そしてさらに。。。。店頭で1月2日から9日の期間で「ブログ見ました」と言って下さった全ての方に何とDVD BOOKをプレゼント!

今までの感謝を表する意味を含めて、この期間中は購入しなくてもDVD BOOKがもらえてしまうチャンスです。
各店舗とも数には限りが有るので、無くなり次第終了とさせて頂きます。


massan

 

さて、今回のこのDVDが作られる経緯をさらっと紹介しましょう。

1999年にカリフォルニア最南端の都市サンディエゴで産声をあげたLEADER BIKESがストリートシーンで台頭したのは2006-7年。ちょうどMASH SFのDVDが発売され、そのライダーがこぞってリーダーバイクを乗りたがったのが所以である。
その後MACAFRAMAなどの有名ピストDVDで著名となるライダーたちはリーダーバイクの元に集い、2009年頃からリーダーバイクが本格的にピスト一大ムーブメントを作り出す。

今までのツールドフランストラックレースなどの自転車という概念を覆す、「カルチャーとしての」ピストというものを10年以上体現し、表現し続けたリーダーは、あくまで街乗りというライフスタイルの一貫性にこだわり、当時カルチャーとして全くなかった「ピスト」というものの初期を確立させた。彼らのライディングだけではなく、その背景にあるライフスタイル、カルチャーを是非感じ取ってほしいという願いを込めて今までの動画に携わった人たちがまた一同に会しこのDVDは誕生した。

リーダーバイクとしての動画は2010年からMASHオリジナルメンバーのEMI BROWN, MASSAN FLUKERを筆頭にその後も毎年ショートムービーをコンスタントにリリース。
リーダーがシーンに台頭して節目の10年となる2016-7年に記念としてリリースするアメリカライダーが選ぶ今までのアーカイブ動画をまとめてDVDとしてリリース。
オリジナルメンバーのEMI, MASSANを初め、ALONSO TAL、さらには東京で撮影された作品などが贅沢に収録されている
また、DVDには32ページのGEARBOOKが付属しており、2016-17年の商品ラインナップ、ルックブックが自宅に保管できる。 まさに後世に残したい永久保存版DVD。

家で、車の中で、友達の家で是非お楽しみ下さい。

 

チャンプター詳細

1. MASSAN FLUKER - San Francisco
2. EMI BROWN / ALONSO TAL - San Francisco to San Diego
3. EMI BROWN - San Diego
4. MASSAN FLUKER - San Francisco
5. ALONSO TAL - Los Angeles
6. EMI BROWN - San Francisco to Seattle
7. EMI BROWN - Los Angeles to Inland Empire
8. BROTURES - Don't be conventional
9. BROTURES - Tokyo Ride
10. 竜人 - Yokosuka
11. EMI BROWN - Tokyo

定価 ¥2,500
収録時間 35分
収録内容 リーダーバイアーカイブ動画+32P GEAR BOOK

 

1月2日から各BROTURESショップにて皆様を心よりお待ちしております。

 

平成29年 元旦

今週の一人上手 ”奥多摩編”

f:id:hynm_brotures_hukui:20161114124614j:plain

f:id:hynm_brotures_hukui:20161114124621j:plain

f:id:hynm_brotures_hukui:20161114124623j:plain

 

昨日は奥多摩湖まで紅葉と温泉を求めて行ってきました。気温も暖かくて本当に気持ち良かったです。
土曜日ということもあってか、家族連れやカップルの他にも沢山のサイクリストも訪れていました。
さすがに奥多摩をピストで走っている人はいませんでしたが、、、
自分でも頭悪いと思いますもん。だがそれがいい
おかげで今日はすこぶる筋肉痛ですが。
しかもあんまり紅葉してなかったし。。温泉混みすぎてて入れなかったし。。。
八王子のスーパー銭湯で妥協しましたよ。ええ。
スーパー銭湯大好きだからいいけどさ!

 

f:id:hynm_brotures_hukui:20161114124557j:plain

f:id:hynm_brotures_hukui:20161114124618j:plain

てゆうか景色ばっか撮ってて自分のチャリの写真がなかった。。
近日中にも僕のバイクチェックをやろうと思うのでもしよろしければそちらもどうぞ。
僕の私生活に興味ある人はあんまりいないでしょうが、自転車一つあるだけで遊べる幅は一気に広がります。たとえそれが一人だったとしても。
今後も一人でどっか行ったり、何かしらしたらこうやってブログ書こうと思います。
こういう話をする友達もそんないないんで。よかったらまたお付合いくださいね。

 

 

YOKOHAMA STAFF TOSHI

 

f:id:hynm_brotures_hukui:20161114124610j:plain

ART × BEER × CYCLE

才能がなくなると、形式がはじまる

ドイツの芸術家 故マックス・リーバーマンは言った。

 

自分が想像するモノを創りだし、それが”カタチ”になり、想像を上回ったとき感動に変わる。それがアートなんじゃないかと、思っています。

 

想像 ー 創造 = アート

 

先日、カリフォルニアのファッションブランド"RVCA"の

グローバルアーティストである、MICHELLE BLADE と ALEX MATUSが来日するとのことで、BROTURES大阪店でアートショーやパーティーを楽しませてもらった。

 

 

f:id:hynm_brotures_hukui:20161031122628j:plain

f:id:hynm_brotures_hukui:20161031122631j:plain

f:id:hynm_brotures_hukui:20161031122633j:plain

f:id:hynm_brotures_hukui:20161031122636j:plain

 

言葉はうまく通じないけど

僕たちの自転車屋で

彼女たちが創りだすアートを

ビールを片手に見られるなんて

とっておきの時間だった。

f:id:hynm_brotures_hukui:20161031124926j:plain

f:id:hynm_brotures_hukui:20161031124928j:plain

f:id:hynm_brotures_hukui:20161102183446j:plain

f:id:hynm_brotures_hukui:20161031124925j:plain

ピストバイクに乗ることが共通点で

スポーツやファッションを楽しんで、アートや音楽を共有する

そんな自転車屋をするのが20歳の時の夢でした。

LIFE IS ART

 

一つ、夢を叶えてくれてありがとうございます。

Respect for RVCA and family...

f:id:hynm_brotures_hukui:20161031130245j:plain

 

 

 

RVCA × BROTURES from BROTURES on Vimeo.

Happy Halloween from Leader Bikes

今年も来ましたねー
元々は秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教的な祭りであるハローウィーン。
いい意味でも悪い意味でも盛り上がっている日本ですが、リーダーバイク本国アメリカでももちろん盛り上がっております。

そんなリーダー本国からブローチャーズサイトのジャックの申し出が来ました。笑
そう、「フォトジャック」です。

そのため、今日からハロウィン当日の31日まで、通販を含むブローチャーズのサイトのバナー画像がジャックされます!

BROTURES HARAJUKUでは29日,30日の週末はフリービアのハローウィーンイベントを用意しております。
是非仮装してお越し下さい!
TrickかTreatかは仮装の具合で決めさせて頂きます。

 

他の画像はこちらでご覧頂けますので、是非ハロウィンのためにアメリカで撮った写真を見てやって下さい!

brotures.com

store.brotures.com

 

 

f:id:hynm_brotures_hukui:20161027164340j:plain

 

男のパフォーマンスを最大限に引き出すアンダーウェアが日本上陸!

バイクにまたがるとき、スポーツをするとき、仕事で戦っている時

どんな時でもつきまとうのが、チ◯コのポジション。

オトコにとって宿敵とも言えるポジション争いや、パンツの食い込みを抑え、

締め付けによるストレスを解消し、パフォーマンスを最大限に引き出してくれるパンツがカナダ・トロントから届きました。

 

MY PAKAGE

f:id:hynm_brotures_hukui:20160923233553j:plain

f:id:hynm_brotures_hukui:20160923233608j:plain

国際特許を取得した、立体設計のフロント内部ポケット”KEYHOLECOMFORT"により、ポジションの悩みと、ズレを防ぎ、どんな時でも快適に過ごすことができます。

究極の履き心地を追求したアンダーウェアが皆様の生活をサポート。

 


肌に密着している部分だけに、誰もが違いとパフォーマンス力を感じで頂けます。

朝起きた一日のスタートから、極上の快適さに感動をして頂きたいです。

 

f:id:hynm_brotures_hukui:20160923234513j:plain

 

またバイクに乗っている時に、チラっと見えてしまう悩みも

MY PAKAGEなら、許されてしまいそうです。

 

今週末9月24日よりBROTURES HARAJUKUで取り扱い開始。

まずは1枚、騙されたと思って使って下さい。

 

f:id:hynm_brotures_hukui:20160923234450j:plain

 

BROTURES HARAJUKU

東京都渋谷区神宮前4−26−31

03-6804-3115

Instagram:@brotures_harajuku