カーボンホイールブランド”CORIMA/コリマ”の歴史

CORIMAの歴史

1973年、Pierre MARTINとJean-Marie RIFFARDによって設立。
”CORIMA”という名前は
”CO”operation、“RI”ffard、“MA”rtin、という意味で共同創設者の2人の名前によるもの。

初期の活動は、機械的な成形。
鋳物(いもの)工場、自動車、特に航空分野のための金型とモデルの製作を行う。
ヘリコプターのローターなどを中心に手がけていました。
自転車のハブより何万倍も回転数の多いパーツを扱っていたとなると信頼できます。


1980年: 軍事ヘリコプターのためのカーボンボディのモデルを制作。

1988年: カーボンコンポジット製品の制作を多様化し、
サイクリング部門のための最初の製品「ディスクホイール」を発売。

これに続いて自転車用の他の多くのフルカーボン製品の開発・製造を開始。

プロチームへのサポートを積極的に行い、サポート選手の活躍とともにコリマブランドが台頭していきます。

 


CORIMAの技術進歩

ディスクホイール、4スポークホイール、軽量ホイール、クリンチャーホイール。
今では当たり前に存在するカーボンホイールがほぼ制作されていない時代から
開発・製造していたカーボンホイールメーカーの先駆者的存在。

有名ブランド(M社??)のOEM製品を手掛け、飽くなきカーボンの技術革新とともに
フルカーボンクリンチャーホイールやチューブレスロードホイールを最初に世に送り出してきました。
ロードレース及びトラック競技のスペシャリストと協力し、
フィードバックを得て、数々の勝利、世界記録に現在進行形で関わっています。

(2017年4月香港で行われたトラック世界選手権にて)

また、ハンドバイクや車椅子のカーボンホイール制作においても多くのスポーツをサポート。

創設者のPierre MARTINはスポーツ選手用のカーボン義足の開発・制作にも情熱を注いでおり、
後継者も“made in France”に誇りを持ち、その開発精神は受け継がれています。

 アスリート達へのサポートにも力を注ぎ、同時に選手からのコリマホイールへの信頼も厚い。
 

CORIMAの技術

リム断面図
 
カーボンホイールの中はどうなっているの?
コリマのカーボンホイールは他にはない独自の製法で、特殊発泡剤にカーボンを巻いています。
リムハイトが高いホイールでも中身は発泡剤で埋まっているので、
スポークで引っ張られても凹むことはなくリム形状をしっかりと維持。
また、リムの中に補強としてのカーボンシートが入っているので
 剛性は高く維持したまま、軽量に仕上げることができているのが最大の特徴です。
 
 

 

エアロダイナミック
コリマの代名詞ともいえる4スポークは20数年前の1990年に開発・発売されます。
このホイールはそのとき、その時点ですでに完成されたものでした。
リムの輪郭とスポークの形状は、空気力学的に非常に優れており、
ディスクホイールと同様のエアロ効果を得ることができ、しかも横風の影響を受けにくい。
そう、いいとこどり。
2010年に発売されたMCCホイールは、最先端のカーボンスポークが採用されており、
たわみにくく剛性、靭性も確保、モノコックホイールと同等のエアロ効果も実証済み。
 
 
ハブ
アルミ製のハブ”S”、”S1”
カーボン製のハブ”S+”、“MCC S+”
そのすべてがコリマの研究所で開発され、フランスで製造。
 
アルミハブは、最新の機械加工装置を使用して
精密工学専門家によって最高の合金から製造されています。
 
カーボンハブはコリマの専用の成形技術によって製造。
仕上がりの優れた品質で強度と軽さを兼ね備えたハイスペックなものとなっている。

10周年記念!BROTURES × PHILWOOD コラボハブ!

f:id:hynm_brotures_hukui:20180608194316j:plain


ありがたいことにBROTURESはなんと10周年目に突入しました。
それもこれも日頃からサポートしていただいている皆様のおかげに他なりません。
この場を借りて心よりお礼申し上げます。

記念すべき節目の年を迎えられたこの感謝を何か形にしたい、とココ最近なにやら色々と企んどるわけです。
こそこそと準備してたアイテムが到着しちゃったのでもう我慢なりません。お披露目しちゃいます。

全店入荷で盛り上がっております。

BROTURESがPHILWOODに別注をかけて製作に至った
philwood x BROTURES 2018 street limited edition track hub
略して ”ブロフィル”のハブセット。

もっと理解を深めて、使ってみたい!って思ってもらえるように
仕様書というか、トリセツ的な内容でお送りします。

〜種類のハナシ〜

*カラーリング*

「ピカピカに磨き上がった”ポリッシュ”
「磨いた上にアルマイト処理した”ブラック”
この2種類。

フィルウッドのすべてのパーツは形に削り出されてから”ポリッシュ”されます。
その後カラーリングされるものも含めて、磨き上げてから色付けされているので
とても発色がよく、荒れのないキレイな肌が特徴です。

 

*ロゴデザイン*

今回のコラボハブに限って、いつもの”PHIL”ロゴの反対側にBROTURESのロゴをあしらいました。
・BR”O”TURESの「”O”ロゴ」

・アーチロゴの「レタリングロゴ」

どっちのロゴがイケてる!みたのはないのでお好きな方を選んで下さいね。
インスタとかで盛り上がるのは大いに歓迎です。

 

*ホール数*

ホイールを組む上で、一番大事になってくるのがここ。最近のホイール事情をふまえて
・前後32ホール
・前20ホール / 後24ホール

でご用意してます。
アルミリムで組むなら32ホール、カーボンリムなら20/24ホールの合わせで考えれば間違いないです。
もちろん、アルミリムで20/24ホールの軽量組みだってフィルのハブなら問題ありません。 

〜ハブ仕様のハナシ〜

*ベアリング*

高耐久のスタンダードベアリング / 高回転のカーボナイトベアリング
この2種の設定があるフィルウッド、今回も”カーボナイト”を装備してます。

本来ベアリング内にすき間を作り回転させるのが一般的なベアリング。
PHILのスタンダードベアリングは日本のベアリング業界最大手のNSKに別注し、
回転可能なギリギリまで内部のボールサイズを広げ、オリジナルのグリスをパンパンに詰め込むことで
水などの侵入を一切許さないすーぱータフネス設計にしています。文字数多くてすみません。。。
(画像のコゲ茶色いカバーのベアリング)

で・す・が!

そのベアリングをさらにアップデートして、高回転を得るためのすき間を確保し、
パンパンに詰め込んだグリスを、粘度調整を行ったオイルに置換することで
スルスルとしたハブ回転を実現させた、「フィルが本気を出したらこうなりました」みたいなベアリング。
(黒いカバーのベアリング)

その代償といってはなんですが、スタンダードと比べると水の侵入には弱いので
ガンガン使っても、ジャバジャバの雨の中を走ったなら
たまには気にしてあげて欲しいというのがメカニック目線でのアドバイスです。

 

*ロックリング*

オーダーすると選択肢は
チタン / アルミ / ステンレス の3種類ですが
ここは安心安定の”ステンレス”に設定してます。

ロックリングとして、しっかりと締め付けができてしっかりと止まるという最も基本的な性能を重視してます。
お客さん自身が作業したりということも考えると、アルミやチタンは扱いが悪いかな。という考えもあったり。

 

*ハブボルト*

ここには「チタンボルト」をもってきました。
ロックリングと比べれば、使う工具がHEXレンチなので締めすぎて破損する心配が少ない部分。
もちろんラチェットとかで締め込んだら、簡単に締めすぎてしまうので注意は必要ですが。
締め込みトルクもコグ周りよりは低いので、ここをチタンを投入してあります。

チタンは他の金属と固着しやすい金属ですので、
シャフトとの接点はときどきグリスアップしてあげれるとグッドです。
買ったままの状態でも、フィルウッドさんがオイルを入れてくれてるのでそのまま取り付けてOKです。

ちなみにこちらがチタンボルト。

ボルトが山なりにテーパーかかってます。

こっちがステンレスボルト。

形状の違いで見分けがつくので、ぜひ見比べて見てくださいね。

 

*ハブシャフト*

ロックリングと一緒で チタン / アルミ / ステンレス の3種類。
ここをチタンにすると、一気に軽くなりますが価格がやべーくらい高くなります。
やりたい人はカスタムオーダーでお受けできますのでぜひお見積りをいただければと!

ブロフィルのコンセプトは「ストリートハイエンド」みたいなところがあるので
シャフトはアルミで軽量化を狙ってます。
アルミの素材は軽量で非常に剛性が高い「7075 ALLOYを使用。
見えない部分にこだわるのは大人のたしなみってやつですね。

そのシャフトと一緒にベアリングを支えている、ロックナットはステンレス
チタンボルトの首を支えている、ボルトワッシャーもステンレスに設定。
フレームと接する部分だからこそ、長く使ってもらえるようにこのセットアップに。
そこまで重さに違いが出ない部分ですし、脱着が多い方ほど安心して使ってもらえます。

ちなみに

左がステンレス受け、右がアルミ受け。
強度確保のためにアルミの方がちょっと太くしてあるのがわかりますね。

 

*店舗別注があったり。。。!*

全体はBROTURESとPHILWOODのコラボですが、
どの種類のハブをどの店舗がどれくらい注文するかは結構バラバラだったりします!

大阪が別注してたのが。。。

スモールフランジ パープル 20/24ホール

発色がキレイなフィル、差し色で人気があるパープル。
735TR、カーボンホイールで真っ黒な中でハブだけさらっとカラーを入れたり。。。なんて。
あ、KAGEROもパープルをアクセントにするとピッタっとはまりそうですね!
もちろん前後別売りできますが、こういうのはセットで装備するのが粋ってもんでしょう。

ロードバイクとピストバイクを持つこと。

f:id:hynm_brotures_hukui:20180606192337j:plain

勝手な印象ですが、ピストバイクの面白さとか新鮮味ってロードバイクに乗ってる人ほど感じやすいように思います。
それは恐らく頭のどこかで「自転車はこういうもの」という知識がある程度体系化されているから。

ロードバイクとピストバイクは似て非なる自転車です。
細かい違いはあるけれど、一番大きなところはギアでしょう。
ロードは前後の多段ギアによってだいたい20〜30のギアシフトが可能なのに対して、ピストは1つだけ。

ピストバイクの大きな特徴の一つである固定ギアは、ほとんどの人が乗ったことのないギアです。
これまでママチャリにしか乗ったことにない人も、ロードやマウンテン、BMXなどの自転車にずっと乗っていた人も一様に同じ感動を味わえることでしょう。
ただ、ピスト以外の自転車に慣れ親しんだ人ほどその衝撃は大きいと思います。

固定ギアはペダルと後輪が連動して駆動します。一輪車みたいな感じ。
これを頭で理解できているようで、実際にいきなり乗りこなせる人はあんまりいません。
しかし、この奇妙なシングルギアを乗りこなすことは、自転車への理解を深めることに大きく繋がります。

自転車も乗るのが上手い人はピストも上手いです。
逆に言えば、ピストが上手い人は、自転車に乗ることが上手いってこと。
固定ギアによるペダリングのダイレクト感や体重移動の感覚、パーツごとのスペックの差異。
原始的な構造なシングルギアの方が”自転車をこぐ”ということの真に迫れるのだと思います。

ロード、クロス、マウンテン、シティ、BMX、ファット、ミニベロ…etc
超簡単に自転車をカテゴライズしても沢山の種類があります。
その中でもピストバイクはキワモノ、マニア扱いされるようなジャンルです。

最近ではピストバイクへの印象は徐々に変わってきたように思います。
一昔前のノーブレーキピストの危険なイメージから、より日常に寄り添ったバイクへ。
ファッショナブルで普段遣いしやすいルックスは私服でも気を使わない縁の下の力持ち的な自転車。
故障やメンテナンスも少ないので維持も楽ちん。
日頃の通勤、通学にピスト、週末ガッツリ走るならロードという風な棲み分けをされている方が増えてきました。

どっちが良いとか悪いとかじゃなくて、どっちの良さも楽しめるようになれば最高だと思いませんか?
乗る前から不安要素を募るよりも、まず乗ってから考えてみてください。
自転車好きならシングルの深みのある面白さをわかってくれるはずです。

カスタムやペイントで次はどうしよう、、、そんなあなたに。

f:id:hynm_brotures_hukui:20180415183803j:plain

PHILWOOD、HED、ENVE、よっしゃ、フレームも塗装 etc...
考えつくカスタムを全て施し、頭打ちしている方をたくさん見ます。

そんな時はピンストライプカスタム。愛車の印象がグッと変わりますよ。

価格はヘッドチューブの大きさで¥3,000〜¥5,000で応相談といった形です。
なかなか安いでしょう。日本を代表するピンストライパーは“KEN THE FLAT TOP”さんにてドロップ。

カスタムやペイントで、次はどうしよう、、、そんなあなたに。

Pinstriping for LEADER BIKE

CINELLI ”Vigarelli” この赤は、最速の証。

世界48カ国、600人以上のライダーが一度に集う世界最大級のピストクリットレース「レッドフッククリット」

2017年”RED HOOK CRIT”にて総合優勝を果たした”Team Cinelli Chrome

チームライダーである”Davide Vigano”

そんな彼がシリーズ最終戦イタリアはミラノにて使用した”Vigorelli Alu”スペシャルカラーが数量限定で発売。

フレームセット/¥138,000-(税別)

ライダーであるViganoの名から”Vigarelli(ヴィガレリ)”と名付けられた当モデル。
従来のモデルであるVig”o“relliから、Vig”a“relliに変更されているのは、ヴィガーノの綴りが「Vigano」であり
それをもじったものだそうです。
CINELLI特有の遊び心もそうですが、彼の素晴らしいリザルトへのリスペクトを感じます。

フレームの随所にはCHROMEを筆頭にスポンサーロゴが散りばめられています。

日本では数量限定での販売となり、フレームにはシリアルナンバーが刻印されています。

トップチューブには“VOLAVIGA!”のロゴが。

「Volare Davide Vigano!(飛べ!ダヴィデ・ヴィガーノ!)」の略みたいですね。

こちらは本家が組んだVIGARELLI。迫力がありますなー。

さてここでRED HOOK CRITをご存知ない方へ簡単にご説明。

RED HOOC CRIT(以下:RHC)とは?

2008年にアメリカ、ブルックリンにて以降オーガナイザーを務めるデイビット自身の誕生日に地元の腕利きメッセンジャーを集め無許可で路上レース”アレーキャットレース”を始めたのがきっかけ。

開催から数年は深夜に開催するなど完全にアンダーグラウンドな違法レースでしたが、2010年にCINELLIがメインスポンサーに付いた事により以降、舞台を世界に向けて急速にムーブメントが広がっていく事になります。

肝心なレース内容は市街地を封鎖し、街中に作られた1LAP/1.24kmと非常に短いコースを24LAPし、誰が1番にFINISH出来るかを競う自転車ロードレースです。

使用するバイクはピストバイク(FIXED GEAR/固定ギア)オンリー。
更に原則ノーブレーキ、スキッド(後輪をロックさせてブレーキをかけるトリック)が禁止されています。

きちんと整備されたトラックと違いコースは普段から人が行き交っているまさにストリート。
路面状況はもちろん雨天であってもレースは続行される為、派手なクラッシュが当たり前のクレイジーなレース。

このRHCを日本でも開催出来るよう、オーガナイザーのデイビットは検討しているとの事。
現実的にはまだもう少しかかるようですが、開催されたらピストバイクの認知度もグンと上がるでしょう。


こちらははあくまでクリットっぽくアッセンブルしました。
VIGORELLIはスローピングフレームですが、そこまで気にならないですね。
ピストでスローピングっていうと嫌がられることが多いですが、純粋にスピードを求めるならこっちの方が効率いいんです。RED HOOK CRITで総合優勝を果たし市街地で最速を証明しています。

全世界で136台のうち、日本に入ってきているのは30台ほど。迷ってられないね。

初心者のためのカスタム講座 (甘口) ホイールをカスタムしてみよう

f:id:hynm_brotures_hukui:20180309200938j:plain

初心者のための甘口カスタム講座。前回はギア比について書きましたが、第2回はホイール編です。

LEADER BIKES 735TR COMPLETE ¥185,000-

とりあえずはじめは完成車から。よいと思います。スペック的には問題ないし、充分に楽しんでもらえると思います。
がしかし、やっぱ個性をだして乗りたくはありませんか?

完成車のもう一つの欠点は量産型であるってことです。絶対に人と被る。

僕らのようなシティユーザーに何が必要なのか?安全快適に乗れて、カッコよく、オリジナリティある自転車ってことでしょうか?

やはりオリジナリティを目指すとするとホイールのカスタムは避けては通れない。
きっと皆さんもいつかはカスタムしたいなって思ってるはず。

じゃあまず何を基準にホイールを選んだらいいんでしょう?

考える要素は3つ。「性能」「コスト」「デザイン」

「性能」って言うのはザックリよく走って、丈夫かどうか?
「コスト」は同じくらいの性能だったら安いほうがいいでしょ?ってこと
「デザイン」はホイール自体のカッコ良さもあるけど、自分の自転車に装着した時にカッコよく見えなきゃ意味がない。

でも、やっぱデザインが最優先。性能とコストが少しくらい劣っていたとしてもカッコいいホイールを選びたいなって思います。「自転車を今よりカッコよくしたい!」入り口はそれで充分。

ざっくり見た目で分けるなら、「バトンやディープリムといったカーボン系」と「アルミリムを使った手組み系」に分かれると思います。

上の735TRに代表されるようなエアロ系のフレームにはやっぱりバトンやディープリムがよく似合う。

フロント/HED GT3 ¥230,000-
リア/HED JET6 ¥150,000-

レースブランドのカーボンホイールはとにかくコストがかかる。その分、性能もヨダレが出るくらいに優れているんだけど、なかなか手が出せる代物ではない。シティライドには贅沢、だけど、おすすめしない訳にはいかない。
だっていつの時代もピスト乗りはHEDのバトンに憧れるものだから。

フロント/BROTURES T3 PRO ¥100,000-
リア/LEADER BIKES L44 ¥50,000-

落とし所としてBROTURESのオリジナルホイールはすごくいいと思う。
性能は耐久性重視で街乗りでも安心のスペックだし、コストも抑えている。なによりデザインがいい。
最近だと、こんな感じに組むならリアホイールはフロントのバトンとリム高を揃えるとカッコいい。だいたい40~60mmくらいが多いです。
そういいう意味じゃLEADERのL44もすごくオススメのホイールです。バランスの取れたボリューム感になりますんでね。

最近は手組みのホイールも見直されています。

 

f:id:hynm_brotures_hukui:20180309201852j:plain

H PLUS SON AT-25 x PHIL WOOD ¥43,800~

手組みホイールの面白さはリムやハブを好きに組みわせて自分好みのホイールを作れること。
コストも2万円くらいから1本組めるので上記のカーボン系のホイールに比べるとだいぶ安い。
人気どころのリムで言えばH PLUS SON AT-25(通称アーチタイプ)。ボリューム(リムの高さ)あるところだとカラーも豊富な同じくH PLUS SON SL-42
ココらへんがまずテッパンのリムであとはハブを何にするか?回転性能の高いDURA-ACEや耐久性も持ち合わせたPHILWOODが人気です。

どうしてもリム高が低くなるので、インパクトには欠るけど、永く使いたいなら手組みの方がメンテナンスやトラブル対応もしやすいのでおすすめ。

たどり着いたのはカーボンの手組み

BROTURES F-55/F-35 ¥45,000-

さんざんカスタムしてきて、現状行き着いたのがカーボンの手組みホイール。
シティユーザーのための「性能」「コスト」「デザイン」が全て詰まってる。FシリーズのリムはBROTURESのオリジナルプロダクトです。わざわざオリジナルで作ったのには理由があります。
ハブとスポークの選択によって性能もコストもコントロールできますし、どんなフレームにも似合う。万能なリムです。

初心者のためのカスタム講座 (甘口) ピストバイクをいじってみよう

f:id:hynm_brotures_hukui:20180307194046j:plain

初心者の方がまず手を付けるべきカスタムポイントはコグです。“コグ”と言うのはリアホイールについているギア、歯車のことです。
コグには歯数があり、歯数を増やす事でギア比が軽くなります。カスタム系の記事はわりとマニアックなのが多いですが、もう少し初心者の方にもやさしく、噛み砕いてやってみようと思います。
ピストに乗り始めて間もない方はぜひご参考にしてみてください。


LEADER BIKES 735TR COMPLETE ¥185,000-

最近はこうした完成車でご購入頂くケースが多いです。まずは完成車から。良いと思います。
フレームを一から組み立てたカスタムバイクよりも比較的コストパフォーマンも良いので、初心者の方には選びやすいでしょう。
このまま乗り出してもらってもはじめは充分満足いくと思います。それだけ出来のよい完成車なので。

唯一完成車に欠点があるとすれば、“ギア比”だと考えています。

まず「ギア比」
これは「ペダルを一回転させた時に後輪が何回転するか」を示すもので「チェーンリングの歯数÷コグの歯数=ギア比」となります。
例えば、チェーンリング(48T)、コグ(16T)の場合→48÷16=「3.00」となり、ペダルを一回転させた時に後輪はピッタリ3回転します。
よくいう「ペダルを踏んだ時の重さ」でもあります。
同じギア比でも感じ方は人それぞれなので、自分に最適なギア比を見つけることから、ピストバイクとの付き合いが始まります。
一般的な街乗りのギア比は2.7〜3.1くらいですが、自分の脚力に対してギア比が大きすぎると踏めないし、小さすぎても、物足りない。
自分にちょうどいいギア比を見つけることが大切です。
下にギア比表を添付しますので、ギア比をチェックしてみて下さい。

そして「スキッドポイント」
これは「同じペダルの位置でスキッドをした時にタイヤが何箇所削れるか」を示したものです。
上記のギア比3.00はペダル1回転に対して後輪がピッタリ3回転しますのでスキッドポイントは「1」。タイヤの一箇所だけ削れます。
スキッドポイントが多いほどタイヤを満遍なく消費できるので、タイヤの寿命を目一杯使うことができます。つまりスキッドポイントは単純に多い方がいいです。
スキッドポイントの計算は少しややこしいので、下の早見表を参考にして下さい。

一般的なピストバイクの完成車は、デフォルトのギア比が重たく設定されています。
例に挙げた735TR COMPLETEのギア比は49/16で“3.06”。
“重たい”っていうのは主観なので、人によっては軽いと認識される方もいますが、一般的な街乗りではかなり重たい部類だと思います。

重たくもなく軽くもなくちょうどいいギア比を見つける作業が重要です。

ギア比が重たいとどうなるかと言うと、トップスピードが伸びてノンストップで走る時は気持ちよくなります。
逆に街中でのストップアンドゴーはやりにくくなります。

最初に覚えたいトリックのひとつ“スキッド”はギア比が軽い方がやりやすく、またギア比が軽いと自然ときれいなフォームが身につきます。
はじめは少し軽く感じるギア比をオススメしています。

なので初心者の方がまず手を付けるべきカスタムポイントはコグです。

例の735TRだと17Tもしくは18Tにするのがオススメです。
18Tの場合はギア比49/18″2.72″ですので比較的軽めのギア比です。スキッドがなかなか出来ない方は思い切ってギア比を落としてみると良いでしょう。
17Tの場合はギア比は”2.88″です。一般的に真ん中のギア比です。スキッドも覚えたいけど、グループで走ってる時に遅れたくないって方はこのくらいがちょうどよいでしょう。

コグは精度を感じやすいパーツです。せっかく変えるのなら良いものを。
EURO ASIA DLX(黒色)は7000円と手の出しやすい価格ですし充分な精度と耐久性のあるコグです。
少し予算に余裕があるのであれば、先を見越してメッキコーティングのSUPER STAR ¥12,000-(銀色)やチタンコーティングのGOLD MEDAL ¥18,000-(金色)を導入すると良いです。更に上質な耐久性と走行性を手に入れる事ができます。

 

気持ちよく飛ばせて、ストップアンドゴーもスムーズで、スキッドも楽にできる。そんなちょうどいいギア比がきっとあるはず!