自転車のラインナップについて初心者からマニアまで。"BROTURES"はピスト専門のセレクトショップです。

よく「リーダーバイクのお店ですか?」みたいに言われるんですが、いやいや、うちはピスト専門のセレクトショップBROTURESです。
ピストバイクを専門に扱っている店としては日本最大という自負と言うか意地もあります。

数あるジャンルの中からピストを選んでくれたのなら、できるだけ全ての要望に応えたい。

というのが僕らの考えです。
だから気軽に始められる完成車からマニア向けの希少品まで幅広く、ですが心からオススメ出来る選りすぐりのものだけ、取り扱っていこうと思っています。

ピストを手軽に始めたい

手軽に始めるなら4〜9万円くらいの完成車をまず考えると思います。
最近だと季節がら高校、大学への通学用にご注文頂くことが多いです。この価格帯の自転車をセレクトするにあてって、気をつけていることは「カッコよく、安全である」と言う事です。最近ではこの価格帯の自転車も増えて、手軽に注文できる大手の通販で購入する方も多いなと感じます。
ですが正直、初心者の方がちゃんと選べているか不安です。
得体の知れない商品も多い価格帯なので、整備も含めてしっかり品質管理できた商品は少ないと考えています。そういった意味で安い自転車ほど選ぶのが難しい。

うちだとCARTELやLOCALといったブランドが人気です。何をカッコいいとするかは自由ですが、何よりも安全は保たれなくてはいけません。
一応僕らもプロの端くれ、うちでセレクトしているっていうことが安心材料になれば幸いです。

ピストをライフスタイルに取り入れたい

予算は10〜15万円って方が一番多いです。
たぶんうちのメインの価格帯になるからだと思いますが、単なる移動手段としてだけでなく、ファンションやアクティビティの一環としてライフスタイル的に考えている方が多いからだと思います。
とてもいい予算だと思います。この価格帯は大手メーカーがこぞってエントリーモデルを投入していることもあって、品質が安定しています。割りと選び放題。

同じ価格であれば性能の優劣はほとんどなくなってきますので、上記の価格帯とは逆の意味で選ぶのが大変かもしれません。
しかしこの価格帯でぶっちぎり強いのがLEADER BIKES。他メーカーと比較して単純な性能は一長一短だとしても、デザイン、ワランティ、ブランドイメージで他社を寄せ付けないところがあります。とは言っても個性の強いブランドなので好みじゃない人もいます。
CINELLIは常時在庫しておりますし、MASIやBOMBTRACK、DURCUS ONEといったブランドも取り扱いがあります。

もう一度書きますが、できるだけ全ての要望に応えたい。
完成車は種類豊富にありますが、やはりパッケージされた商品なので完璧にイメージ通りというわけにはいかないこともあるでしょう。
だから、僕らはカスタム対応もしています。
例えば上記のLEADER BIKES 725TR。「色も形もピッタリだけど、ハンドルは普通がいいな。」って思うんであれば言って下さい。スグできます。

ピストカルチャーが好きだ

もっとこだわりたい方は趣味趣向性の高いカスタムバイクを用意しています。いや、一緒に作ります。
完成車にした場合の価格はフレームによって16万円からですが、金額はまちまちです。LEADERをはじめ、DOSNOVENTA,CINELLI,AFFINITYなどなど。
すでにピストが好きな方を対象にバリエーション豊かに展開しています。

こっから先は僕らのセンスというか、お客さんをどうやってびっくりさせてやろうか?みたいな事を考えています。海外からの買い付けはもちろん、自らプロデュースすることもあります。
このジャンルになると定番商品というものが少なく、年ごとにモデルチェンジしたり希少性の高いフレームがスポットで入荷するパターンが多いので、ちょくちょくチェックしてもらえたら嬉しいです。

ピストのことならなんでも"BROTURES"に相談してください!

お電話でもいいですし、電話苦手って方はメールでもオッケーです。
できるだけ多くの方にピストを好きになってもらいたいので、些細なことでもお気軽にどうぞ。

言葉で語っても伝わらないピストバイクの魅力

-DOSNOVENTA RUNS WEST COAST-

NYCやDUBAIなど数々の動画を手がけてきたDOSNOVENTA。
自転車という枠には収まりきらない、彼らのアーティスティックな一面が遺憾無く伝わってきます。
特にこのWEST COASTはピストバイクやスケートなどのカルチャーが詰まった街なので特別お気に入り。

DOSNOVENTA RUNS WEST COAST from Dosnoventa on Vimeo.

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

-DOSNOVENTA Pre KNOG BLINDER Launch Party-

もう一つDOSNOVENTAのPVを挙げるとしたら、このKNOGの動画。
Passion PitのSleeping Headが映像とシンクロし、妙にゾクゾクする映像。
「自転車のライトのCM」と普通聞て、こんなアーバンな画を誰が想像するでしょうか。

Knog Blinder Launch Party – Presented by Dosnoventa from knog on Vimeo.

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

-macaframa John Cardiel Part-

もうこの人がピストバイクに乗っているというだけで、世代のスケーターは感動するのではないでしょうか。
不慮の事故により足の自由を奪われたカーディエルは、スケーターからその後ピストバイク乗りに転身。
この動画に関しては決して難易度の高いトリックをしているわけではありません。楽しんで乗ってるだけ。
しかし彼独特のライン取りだったり、スキッドで砂埃を巻き上げたり、バニーホップしたり、これもピスト。

John Cardiel Macaframa from p.rock on Vimeo.

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

-MASSAN Macafram RAW-

この人も派手なトリックはしていないけど、スタイル系の人。
この人ギア比3.6〜7くらいで座ったままの姿勢でスキッドするらしいですよ。
ギヤ比って乗ってないと想像しにくいけど、普通の人は3.0越えたくらいからスキッドがキツくなってくるはず。

彼曰く”スキッドは練習ではなくマッスル" 先生、間違いないです。。。言葉もありません。


LEADER BIKES 725TRに乗り猛ダッシュで猛スキッド、725TRのイメージを植え付けてくれた第一人者。

Massan x Macaframa Raw from MACAFRAMA on Vimeo.

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

-LEADER BIKES Emi Brown Part-

正統派ピストバイクライダーといえばこの人。乗っている時の姿勢やスキッドの柔らかさはピカイチ。
この人がいなければ今のLEADER BIKESはないと言っても過言では無い最重要人物。
元々はMASHのメンバーでもあった訳で、ピストのストリートシーンを築いたレジェンド。
そのくらいのリスペクトを集めるEmi Brownの動画です。この人も小柄だけどギヤ比重め、マッスル。。。

Emi Brown Pt. 1 from A Wi Mer on Vimeo.


言葉で語っても伝わらないピストバイクの魅力を動画を通して少しでも伝えたい、最後は乗って欲しい!
ピストバイクでもスケートボードでも派手なトリックなどに目を奪われがちですが、何も難しいことをする必要はありません。もちろん、それらを取り巻く重要な要素でありスタイルではありますが、上記のライダーも基本的には乗るだけ、漕ぐだけ、止まるだけ。それだけでカッコイイ。。。

究極のオーダメイド・フレームペイント!!!

オーダーメイドピストバイクを提唱しているBROTURES
お客様で好きなフレームを選び、更にそれに組み込むパーツまでお客様自信で選べる。
この世に2台と無い自転車を手に出来るのが、ピストバイクを作る醍醐味です。

とは言え、多くのパーツは既製品に頼らざるを得ないので同じ自転車を作ることも不可能ではありません。
更にオンリーワンを追求して最後にたどり着く先はオーダーペイントとなります。

f:id:hynm_brotures_hukui:20180213185320j:plain

究極のオーダーメイド、フレームペイントの可能性は無限大。
お客様のご要望通りどんなカラーリング、デザインにも対応出来てしまうのが”BOMBER PRO”
数多く競輪選手の自転車を手がける日本のトップビルダーさんの元、お客様のフレームを現状よりも遥かに良い仕上がりで送り出してくれます。
何よりも、誰よりも自転車に対する熱と愛情が強く、僕らも絶大な信頼を寄せています。

今回はそんなBOMBER PRO(鶴岡レーシング)さんの工場を丸裸にします。

まず工場に入ると、、、

IMG_06572_mini

IMG_06672_mini

IMG_06682_mini

所狭しとフレームがぶら下がっています。
ストフリークの皆さんはこれだけでもハァハァしてるはず。

そして早速塗装工場へ、、、

IMG_07192_mini

お客様はこんな感じで順番待ちをしています。
そしてカラー材の調合。でもどんな色にしよう!いざとなると決められない!結構多いと思います。
そんな時はコンセプトだけでも決めちゃいましょう。
例えば「渋めでクラシック感じ」がいいなあ。

車とかをイメージしてもいいですね。
これはブリティッシュグリーンをテーマにペイントしたフレーム。

オレはコスモ(小宇宙)を感じたいんだ!!!なんてイメージばかりが先行して抽象的なオーダーも。

鶴岡先生の手にかかればご覧の通り

f:id:hynm_brotures_hukui:20180213190218j:plain

あの人と見た逢魔時が忘れられない。。。
日の出の直前や日没直後の美しい空は”マジックアワー”と呼ばれ、非常に幻想的です。
サンフランシスコで見たマジックアワーも非常に綺麗なものでした。

そんな空をイメージしたカラーリングは、光の加減によってパープルからピンクに変わるマジョーラ。

f:id:hynm_brotures_hukui:20180213191729j:plain

あの年代のあの車種のあの色!!!とか、宇宙!!!とか、単細胞な問いかけにも真摯に受け止め、応えてくれるプロ意識は半端な物ではないです。

IMG_07232_mini

IMG_07342_mini

IMG_07272_mini

そしてカラーが決まったら吹き付け。

IMG_07392_mini

皆同じリアクションをしてくれて嬉しい所ですが、実際にあがって来た物を手に取った時の感動は言葉では言い表しにくいもの。
悩みに悩んで選んだ一台に、BOMBER PROの職人技というスパイスが加わり一生モノの一台が貴方の手に。

今のバイクに少しマンネリを感じている方も、フレームのリペイントによって生まれ変わると愛着もひとしおでしょう。いろんなところにインスピレーションやひらめきのヒントはあります。
好きなもの、身の回りのもの、探せばきっと見つかるはずです。

時期にもよりますが、だいたい2週間〜1ヶ月くらいの納期でご案内できると思います。オリジナルペイントなんだから思いっきり個性出しちゃってください。
遠方の方もバイクをお送りいただければ対応できます。店頭でもメールからでもお気軽にご依頼ください。

これだからカスタムはやめられない。

日常から見出す非日常

そろそろ3連休の気分も抜けてきた頃でしょうか。
また、仕事に学校に同じ毎日が始まるのか〜。と憂鬱な気分もあったと思います。

皆さんの日常で通勤、通学という要素は欠かせない方が多いかと思います。
「通勤」と聞くとどんなイメージを連想されますか?
満員電車、時間の制限、遅延、渋滞、、、

実は東京での通勤手段の1位は「電車」だそうです。
ついでに言うと日本で最も公共の交通機関が利用されているのも東京だそうです。
もう1つついでに、全世界中の駅の利用者数のトップ3は新宿、渋谷、池袋です。
「全世界中」ですからね?

日本での電車通勤がどれだけ過酷を極めるのか、心中お察しいたします。
暑い、臭い、立ちっぱなし、乗り換え、などに加えて僕は極端にお腹が弱いので学生時代は毎朝腹痛との戦いでした。

そこで「チャリ通」のご提案です。
上記のストレスから解放されるだけでも恩恵は大きいですが、他にもメリットはいっぱい。
時間や空間に縛られることは無くなり、朝の適度な運動はその後の行動にも非常に効率的に作用します。
満員電車でただ疲弊するよりも、運動不足解消できて寝ぼけた頭も会社、学校に着く頃にはスッキリしているはず。

何より通勤中の電車や徒歩でスマホをいじったり、俯き加減の人をよく見かけます。
医学的にも下を向いている人と、顔を上げている人では、後者の方がよりポジティブな傾向にあるそうですよ。
ピストに乗る時、必然的に前を向いてないと恐らく死にます。
半強制的に前向きになれるってわけですね。だから自転車乗ってる時って気分良いのかな。

まとめると、閉鎖的な時間と空間から解放されることにより生活に自由が生まれ、階段でハァハァ言うこともなくなり、自転車で気持ちよくハァハァできるでしょう。
購入費用だって月々の定期代や車の維持費ですぐに元が取れますしね。
ただの通過するだけだった場所に新たな発見があるかもしれません。寄り道、呼び出し、お使い、余裕です。
移動という、それ以上でも以下でもない行為が様々な意味を持ち始めます。
通勤手段を変えるだけでライフスタイルは大きく変化するのです。

毎月の定期代と考えれば決して手の出しづらい金額ではないと思います。
変化を求めるなら行動あるのみ。それでもあなたは来月の定期券、買いますか?

知られざる”LEADER BIKES”の歴史

”LEADER BIKES”ってみなさんどこのブランドか知ってますか??
BROTURESが総代理店をしている”ピストバイク”ブランドなんですが、
意外とどんなブランドか知られていなくて、「日本のブランドなの?」など、よく聞かれることがあります。
そんなご質問に応えるべく”LEADER BIKES”の歴史を簡単に説明したいと思います!!

今でこそ日本でも有名なアメリカ”カリフォルニア”を代表するピストブランド”LEADER BIKES”
実は”LEADER BIKES”の創立当時は”ピスト”というよりもロードバイク”マウンテンバイク”を主に製造販売していたのを知っていましたか?
当時の”LEADER BIKES”がこちら!

f:id:hynm_brotures_hukui:20180211194024j:plain

ギヤついてる。。。

f:id:hynm_brotures_hukui:20180211194041j:plain

フレームだけだと違和感は少ない

f:id:hynm_brotures_hukui:20180211194135j:plain

当時はまだ”ピストカルチャー”に厳しく、一部の人が乗る乗り物だったのですが、”EMI”との出会いにより、ピストに本腰を入れる事を決意し、商品開発を進めて行くことになりました。
【EMI BROWN】


Emi Brown Tokyo Cruisin' by Brotures

そして、2006年〜2007年に”MASH(ピストバイクの伝説的クルー)”がDVDを発売した事により、第1次ピストブームがアメリカで、日本では2008年頃に巻き起こりました!


MASH SF INTRO 2007 MASHSF.COM

ピストバイクブームがくると同時に日本では「ライフスタイルの一部」また「ファッションの一部」と位置づけられ乗るだけのものではなくなりました。
競輪などで使われる”NJS”などの細身のフレームが多かっただけに”LEADER BIKES”というブランドのインパクトは大きく、元々先ほど紹介した“EMI”などの主要ライダーが基本的にSF, LA, NYでのストリートライドを好んだため、どのブランドよりも先にストリートでのピスト需要を見いだし、そのための商品開発をしてきました。

トラック競技としての“ピストバイク”ではなく【ストリートの大人のおもちゃ】としての位置づけをいち早く見いだし、世の中にピストバイクを【ライフスタイルの一部】として普及させたブランドに成長していきました。

【ファッションの一部】としても2011年以降積極的にブランディングに取り組み、日本では2012年にストリートウェアブランド【NITRAID】2014年に【Back Channel】そして記憶に新しい2016年に【VANS】【Undefeated】などのストリートブランドとのコラボを積極的に取り組み、自転車好きだけではなく、より多くの人にストリートピストの良さを知ってもらうために努力を重ねてきました。

【LEADER BIKES × NITRAID】

【LEADER BIKES × Back Channel】

【LEADER BIKES × VANS】

【LEADER BIKES × Undefeated】

それと同時に感度の高い”アーティスト”や”スポーツ選手”がリーダーバイクに乗リ始め、長い時間をかけて徐々にリーダーに留まらず、ピストというものの良さが世の中に浸透し始めています。LEADER BIKESとはストリートにおいて”ピストバイク”のカルチャーを牽引してきたブランドのなのです。

 

ピストバイクというこのシンプルなスタイルの自転車の形は120年以上前すでに完成されていました。さらに効率を求め素材やジオメトリーを追求していった最新形態がリーダーバイクに代表される現在の形に至ります。

是非カルチャーだけでなく自転車そのものの歴史や、シンプルにペダルを漕ぐといった普遍的な本質に思いを馳せて体感してみてください。人生変わるかも。。。

日本が世界に誇れるモノづくり”Made in JAPAN”へのこだわり

ピストバイクにおけるトラブルはホイールさえ外せればなんとかなるはず。

タイヤ、チューブの交換はもちろん、輪行もできるし、最悪タクシーに乗せちゃうとか。

そういった意味では自転車独自の規格といえるハブナットの”15mm”の工具は常に持ち歩きたいお守りのようなもの。

今回、新潟県燕三条という国内最高峰の金属加工技術を誇る地域に構えている

工具製造のプロの胸をお借りして”ピスト乗りのマストアイテム”を生み出す事ができました。

f:id:hynm_brotures_hukui:20180209174517j:plain

BROTURES x RUNWELL “THE WRENCH” ¥2,800(+TAX)

 

まずは新潟県燕三条の歴史を紐解いてから燕三条のモノづくりの本質を知る心を整えます。

f:id:hynm_brotures_hukui:20180209175319j:plain

燕三条の歴史を語る上で欠かせないのが「和釘(わくぎ)」の存在。江戸時代初期から燕三条は「和釘づくりの町」として知られていたそうです。

実用的な和釘を原点に「ヤスリ」「キセル」「彫金」「鎚起銅器」など、時代の移り変わりと共に職人さんの技術が受け継がれ、モノづくりの町ブランドに繋がるわけです。

世界最強レベルの技術を誇る磨き職人集団がリンゴメーカーの音楽プレイヤーを磨いていたことは、あまりにも有名だ。

そんなエリアで老舗工具メーカーによって自転車工具を専門として立ち上げられたブランド”RUNWELL” 。
加工精度はいうまでもなく、使う側の立場にたった柔軟なものづくりが魅力のひとつ。
この度、来店の際にピストと工具の話で盛り上がった結果としてBROTURESとコラボが実現。

f:id:hynm_brotures_hukui:20180209180408j:plain

通常ラインナップされているサイズでは持ち運びには向かないと考え、無理を承知で小型化を実現してもらった手のひらサイズ(全長125mm)。

限りなくマットブラックに近づけながらも、手触りやグリップ性にこだわったカラーリングと質感。

f:id:hynm_brotures_hukui:20180209180510j:plain

全体的に丸みをもたせたデザインは、握る事が楽しくなる心地良さ。持ち歩き使う人間のこと、使われる自転車のことを真剣に考えました。
どうぞ手にとって、握ってみて下さい。日本の職人の底力を感じていただけると思います。

なぜ自転車ブランドでリーダーバイクだけが特別なのか -メディア考察の視点から考えてみる-

御陰さまで毎月数多い雑誌、ウェブメディア様に取り上げていただいたり、リースで撮影の際に使用して頂いたり嬉しい限りです。
様々なメディアが独自の視点で独自のブランド感を表現してくれているため、改め気付かされる事や新しい事が多いです。

f:id:hynm_brotures_hukui:20170208075343j:plain

f:id:hynm_brotures_hukui:20170208074737j:plain

f:id:hynm_brotures_hukui:20170208074750j:plain

なぜこれを見ている人の中には「なんでこんなにもLEADER BIKESだけが自転車ブランドとして長年に渡りフューチャーし続けられているのか」という疑問を抱いている人も少なくないのではないでしょうか。

注:ここで言う「リーダーだけ特別」というのは、他ブランドが特別でないという意味ではありません。もちろん多くのブランドにも個々に個性や特別なところがありますが今回はリーダーがなぜこんなにメディアに取り上げられるのかにフォーカスしていますのであしからず。

 

まず一番最初にリーダーが大衆紙に取り上げられたのはおそらく2010年発売くらいのネコ・パブリッシングのPEDAL SPEEDや三栄書房のLOOP MAGAZINE。

当時まだ珍しかったピストに特化した専門誌として発刊当初からまだ認知度が少なかったリーダーの魅力を見出してくれたことは今でも鮮明に覚えています。
そしてその後自転車の専門誌に留まらず、スケート、ファッション、サーフなどの他業界のメディアからも注目を得る事になります。その先駆けが2011年のOLLIE MAZGAINE。
当時の副編集長が大のピスト好きで自分でも乗っており、大会にも率先して参加していた事は業界の人であれば記憶に残っているはず。(BROTURES前身JAH LIFEのRIDE TO JAM YOKOHAMAでもしっかりエントリーしていました笑)
その後、2012年には日本初となるコラボレーション、「LEADER x NITRAID」が発売され、TOKYO RIDEの動画と相まって、メディアからの注目度は高まりました。

f:id:hynm_brotures_hukui:20170208074834j:plain


今思えば、自転車とファッションをつないだ先駆的なコラボであったと振りかえってみれば思います。
その後も、VANS、BACK CHANNEL、Mighty Crown、UNDFTDなど自転車に留まらないリーダーは活動範囲を徐々に拡げていきました。

 

さて、そこで先の疑問「LEADER BIKESだけが自転車ブランドとして長年に渡りフューチャーし続けられているのか」ですが、いくつかのファクターがあります。それを三つに分けて考察してみましょう。

 

・インダストリアルデザイン
・ブランドの世界観
・先駆性

 

・インダストリアルデザイン

まず、デザインに関して言えば、見ても分かる通り、誰がどう見ても何かヤバい印象を受けるリーダーの商品デザイン性。多くの感度の高い人、いろいろなものを知り見てきた人でも、「これは良い」と言ってもらえる言葉では言い表せない普遍的な美がそのどこかにちりばめられているからこそ、長年に渡り飽きずにかつ、いつでも新鮮で新しい驚きを与えられているのではないでしょうか。
殊に車業界のモデルチェンジはおよそ6年前後と言われています。しかしリーダーは毎年何かしらをマイナーチェンジしており飽くなき商品開発を怠らないのです。
もちろんこれは簡単なことではありません。
モデルチェンジに必要なコストは、デザイン設計、サンプルテスト、マーケティング素材撮影など設計に1年、サンプルテストに1年、マーケティング素材の撮影やらお金と時間がかかることばかり。
普通はこんなこと毎年しませんが、リーダーはしてしまうのです。
しかしそれが、いつまでも飽きない、こだわりにこだわり抜いた、感度が高い人も唸る商品へと繋がっていくことは間違いありません。

 

・ブランドの世界観

またブランドの世界観ですが、つまりはブランド感、ブランドイメージというところでしょうか。
リーダーバイクには他ブランドには全くない独特な世界観を持っています。
ロードバイクやマウンテンバイクのブランドでリーダーよりも知名度があり、より歴史があり、知名度もあるブランドはいくらでもあります。
しかし、このブランドは良くも悪くも「自転車に乗る人」をターゲットとしており、大半の顧客はそのような層の人たちでしょう。
しかしリーダーが違う点は、自転車に乗る人というカテゴリーで顧客を見ておらず、「かっこいいモノが好きな人」という見方をしていること。これが従来の自転車ブランドの固定観念をいい意味で壊したと言えるのではないかと思っています。

カリフォルニア最南端の都市サンディエゴで生まれて早18年目。その18年の間に培ってきた「カリフォルニアストリート」という世界観は自転車という切り口だけでは表せず、多くのカルチャーが相まって構成されています。それを自らの視点で表現し続けてきたリーダーは間違いなく独特な世界観を有していると言えるでしょう。

 

・先駆性

先駆性、つまりパイオニア的存在であるということ。リーダーはその名の通り、どこのブランドのまねもしない、常に新しい、今までになかったことを探し続けて、実行してきています。
今までどこかで見た事あるようなモノであればつまらない、自分たち自身もわくわくできるような新しいことを求めるブランド理念だからこそ、いつまでも業界のパイオニアであり続けられるのだと思います。
もちろんまねされる事は多々あります。商品デザイン、マーケティング、コンセプトなど、ファッション業界でもよくあるように、カッコいいブランドンのまねをして後発的に出てきたブランドがそれをより安い値段で売るというのはよくあるブランド戦略です。
しかし何が本物で何が偽物かを分かる人にとっては、全く問題ありませんし、リーダーの顧客は「本物の区別が出来る人」です。
もし友達になんでこのチャリはこんなに高くて、似たようなはこんなに安いの?と言われたら、言ってやって下さい。「お前にはまだ早いよ」と。
ポルシェ、ランポルギーニ、イブサンローラン、シュプリームなどの本物と言われているブランドはそれなりの値段します。ポルシェの911と某社の軽ワゴンはなんで値段がこんなに違うのと問うているのと同じではないでしょうか。

リーダーバイクというブランドが自分が知っている中で唯一自転車ブランドとして、他業界に浸透し、業界を繋げ、自転車という枠組みをいい意味で壊した存在であるということを思っています。
それがリーダーがリーダーである所以です。

 

現在まだアップしきれていない数多くの雑誌、ウェブメディアがありますが、頑張って随時アーカイブとしてアップしていきます。
皆様の愛車、そのブランドがどのような視点でフューチャーされているか是非要チェック!

BROTURES MEDIA