アメリカのカルチャーとして確立されつつあるピストレースシーンについて

アメリカは日本と違い、ピストカルチャーもスポーツとしての側面をより持っている。それをレーシングカルチャーとここでは呼びます。

車業界と同じように、欧米では日本より更に、F1などに見られるようにレーシングカルチャーが人気があり、メディア露出も人々の関心も高い。

これはつまりレースのスポーツとしての位置付けが日本よりも確立されているからなのだろうと個人的に思います。

 

ピストでもスポーツとしてのレースカルチャーが近年徐々に確立しつつあるということを感じています。

 

元々ピストカルチャーはSFやNYのメッセンジャーが仕事で使用すると同時に、「アーリーキャット」と呼ばれるストリート草レースを通じて、コミュニティを育み今に至っています。

そのアーリーキャットが近年、より体系化されたスポーツとしてのレースに変容しつつある。

 

この速さを競うレースは、ライフスタイルの一部というよりも、趣味の様相を呈し、エクササイズ、自己顕示欲、コミュニティ形成に多くの大いに貢献している。

 

現在主流となっているのはクリットレース(Criterium / Crit)である。

これは一周1,2kmのコースを決められた複数ラップでタイムを競い合うレースであり、ピストでは、ノーブレーキ、市街地で行われている。

主にシリーズ化され、シーズンを通して、総合個人・チームポイントを競い合う。

f:id:hynm_brotures_hukui:20160608190535j:plain

その中でも世界的に有名なのは2009年から行われている「RED HOOK CRIT」

 

Brooklyn, London, Milano, Barcelonaで行われる4戦から成るクリットシリーズであり、市街地を大胆に封鎖し、数千人の観客を集めるメガレースに成長している。

 

さらに西海岸では、Wolfpack Hustle、Socal Fixed SeriesというクリットシリーズがLAを中心とした南カリフォルニアでシーズンを通して行われている。

 

ツール・ド・フランス、ジロ・ド・イタリアのようなロードバイクレースと異なるのは、ライダーが乗っているマシーンと競い合う環境である。

 

ロードバイクレースはもちろんロードバイクを使用し、何百キロという山道、市街地を総合的に競い合う歴史のあるレースである。

一方ピストのクリットレースは、ノーブレーキピストを使用し、より市街地での短距離を競い合う。

つまり、ロードバイクレースは山道、市街地、総合的に誰が早いかと決める自転車レースの最高峰であるが、ピストレースはより狭義に、市街地でストリート最速は誰かを競い合っている。

 

ちなみに先週末に、南カリフォルニアで行われているSocal Fixed Seriesの第5戦がサンディエゴで行われた。

我らがリーダーバイクチームは2,3,4位を独占という快挙を成し遂げた。

f:id:hynm_brotures_hukui:20160608190856j:plain

Irvineで行われた第4戦では、第5戦で2位になったリーダーチームのDante Youngが優勝し、更に他のチームライダーは5位,7位,8位にも入賞している。

f:id:hynm_brotures_hukui:20160608190913j:plain

リーダーチームは国内、海外遠征等あり、第1、2、3戦に参加していないにも関わらず、総合ランキングではチームポイント2位であり、個人総合でも第3位、9位、10位に2名のチーム6人中計4人がトップ10入りをしている。

 

このようにシーズンを通して行われるシリーズ戦は、ライダー自身のモチベーションをあげ、観衆の興味を維持する事ができる。

そのため、近年アメリカのブランドは、このレースカルチャーにマーケティングとして多額の投資を行っている。

というのも、欧米ではレースに勝てないブランドは、どんなにかっこ良くとも、「本物」と見なされず、相手にされないという側面があるからである。

例えば、メルセデス・ベンツAMGなどのように、基本的に売っている車の大半はレースカーではないのに、フェラーリやポルシェのような「本物」の仲間入りをする為に、毎年レースに多額の投資をし、各チームが競い合っている。

 

リーダーバイクは特に今年から、同じくLAをベースにするストリートウェアブランド「Undefeated」とのコラボチームを発表している。

欧米には様々なローカル、グローバルなチームがあり、ライダーも世界中から招集する中、LEADER x UNDFTDチームはライダーも全てLAに拠点を置くものだけにセレクトし、LAというアイデンティティにこだわり、LA代表としての意気込みを見せている。

 

このSocal Fixed Seriesは計10戦を行い、現在第5戦まで終了し、半ばを折り返した。

またRED HOOK CRITのヨーロッパラウンドもこの先控えている。

今後LA代表にこだわったリーダーチームがどこまで活躍するか是非期待してほしい。

 

LEADER x UNDFTD TEAM

HP: http://leaderbikes.com/undftd/jp/

Instagramhttps://www.instagram.com/ld_undftd_team/

 

f:id:hynm_brotures_hukui:20160608191024j:plain

f:id:hynm_brotures_hukui:20160608191033j:plain

f:id:hynm_brotures_hukui:20160608191043j:plain

f:id:hynm_brotures_hukui:20160608191051j:plain

f:id:hynm_brotures_hukui:20160608191058j:plain 

 

ちなみにライダーが使用するLEADER x UNDFTD CONCEPT RACE BIKEはUndefeated OsakaとSilver Lake(LA)にて展示中。

日本では全国のBROTURES, UNDEFETEDショップで販売をしております。

 

LEADER x UNDFTD CONCEPT RACE BIKE ¥600,000

f:id:hynm_brotures_hukui:20160609114427j:plain