知られざる”LEADER BIKES”の歴史

”LEADER BIKES”ってみなさんどこのブランドか知ってますか??
BROTURESが総代理店をしている”ピストバイク”ブランドなんですが、
意外とどんなブランドか知られていなくて、「日本のブランドなの?」など、よく聞かれることがあります。
そんなご質問に応えるべく”LEADER BIKES”の歴史を簡単に説明したいと思います!!

今でこそ日本でも有名なアメリカ”カリフォルニア”を代表するピストブランド”LEADER BIKES”
実は”LEADER BIKES”の創立当時は”ピスト”というよりもロードバイク”マウンテンバイク”を主に製造販売していたのを知っていましたか?
当時の”LEADER BIKES”がこちら!

f:id:hynm_brotures_hukui:20180211194024j:plain

ギヤついてる。。。

f:id:hynm_brotures_hukui:20180211194041j:plain

フレームだけだと違和感は少ない

f:id:hynm_brotures_hukui:20180211194135j:plain

当時はまだ”ピストカルチャー”に厳しく、一部の人が乗る乗り物だったのですが、”EMI”との出会いにより、ピストに本腰を入れる事を決意し、商品開発を進めて行くことになりました。
【EMI BROWN】


Emi Brown Tokyo Cruisin' by Brotures

そして、2006年〜2007年に”MASH(ピストバイクの伝説的クルー)”がDVDを発売した事により、第1次ピストブームがアメリカで、日本では2008年頃に巻き起こりました!


MASH SF INTRO 2007 MASHSF.COM

ピストバイクブームがくると同時に日本では「ライフスタイルの一部」また「ファッションの一部」と位置づけられ乗るだけのものではなくなりました。
競輪などで使われる”NJS”などの細身のフレームが多かっただけに”LEADER BIKES”というブランドのインパクトは大きく、元々先ほど紹介した“EMI”などの主要ライダーが基本的にSF, LA, NYでのストリートライドを好んだため、どのブランドよりも先にストリートでのピスト需要を見いだし、そのための商品開発をしてきました。

トラック競技としての“ピストバイク”ではなく【ストリートの大人のおもちゃ】としての位置づけをいち早く見いだし、世の中にピストバイクを【ライフスタイルの一部】として普及させたブランドに成長していきました。

【ファッションの一部】としても2011年以降積極的にブランディングに取り組み、日本では2012年にストリートウェアブランド【NITRAID】2014年に【Back Channel】そして記憶に新しい2016年に【VANS】【Undefeated】などのストリートブランドとのコラボを積極的に取り組み、自転車好きだけではなく、より多くの人にストリートピストの良さを知ってもらうために努力を重ねてきました。

【LEADER BIKES × NITRAID】

【LEADER BIKES × Back Channel】

【LEADER BIKES × VANS】

【LEADER BIKES × Undefeated】

それと同時に感度の高い”アーティスト”や”スポーツ選手”がリーダーバイクに乗リ始め、長い時間をかけて徐々にリーダーに留まらず、ピストというものの良さが世の中に浸透し始めています。LEADER BIKESとはストリートにおいて”ピストバイク”のカルチャーを牽引してきたブランドのなのです。

 

ピストバイクというこのシンプルなスタイルの自転車の形は120年以上前すでに完成されていました。さらに効率を求め素材やジオメトリーを追求していった最新形態がリーダーバイクに代表される現在の形に至ります。

是非カルチャーだけでなく自転車そのものの歴史や、シンプルにペダルを漕ぐといった普遍的な本質に思いを馳せて体感してみてください。人生変わるかも。。。