75一択。

花は桜木、男は岩鬼。クランクはSUGINO 75に決まってる。
今日はクランクのお話。

クランクはペダルを踏んだパワーを逃さずチェーンを伝ってホイールの回転に繋げる非常に重要なパーツです。
クランクが変わればたとえエントリーバイクだろうと走行性能が飛躍的に向上します。僕らは良く“自転車の心臓”なんて大げさな例えをしますが、あながち間違いじゃあないんです。
性能はもちろん重要ですが、比較的大きく自転車の中央に供えるパーツなのでルックスも左右します。使ってるクランクでその人の趣向が分かったりしてね。

KEIRINなどトラック競技に置いて世界中の選手が使用するレーシングスタンダード。
シルバーはNJS認定パーツです。僕らみたいなピスト乗りにとっても”永遠の定番”でありひとつの憧れでもあります。
精度や性能に関してはもはや語らなくてもいいでしょう。スタッフの使用率の高さがそれを証明してくれます。

とにかく変わらないところが大好き。変わって欲しくもない。
無駄を削ぎ落としたソリッドなデザインは、クロモリからカーボンまでどんなフレームにもマッチしますし、全く派手じゃないことが逆にインダストリアルな雰囲気があってカッコいい。

BB、チェーンリングがセットになっているクランクが多いですが、このクランクは5ピンのみ付属です
BBはSUGINO独自の嵌合を採用していますので、SUGINOで揃えることが必要です。
競輪で使用されるカップアンドコーンのSG75、その上にスーパーラップスーパーセラミック。そしてデイリーユースに対応したカートリッジのCBB。
4種類がラインナップされていて、好きな物を選べます。

チェーンリングはSUGINOからZEN,MC,SSGの3種類が歯数も豊富にラインナップされています。

チェーンリングはSUGINOで揃えなくてもOK。コレはLOPROにアッセンブルされた75。

エミブラウン仕込みのFSAコンボもピストなら定番の組み合わせと言って良いでしょう。

使っていくとこんな感じでプリントもアルマイトも剥がれて来るんです。これがいい!
ここまで使ってるとオーラさえあります。なにより、こうなるまで使い続けられるってことが信憑性ありまっしゃろ?