初心者のためのカスタム講座 (甘口) ホイールをカスタムしてみよう

f:id:hynm_brotures_hukui:20180309200938j:plain

初心者のための甘口カスタム講座。前回はギア比について書きましたが、第2回はホイール編です。

LEADER BIKES 735TR COMPLETE ¥185,000-

とりあえずはじめは完成車から。よいと思います。スペック的には問題ないし、充分に楽しんでもらえると思います。
がしかし、やっぱ個性をだして乗りたくはありませんか?

完成車のもう一つの欠点は量産型であるってことです。絶対に人と被る。

僕らのようなシティユーザーに何が必要なのか?安全快適に乗れて、カッコよく、オリジナリティある自転車ってことでしょうか?

やはりオリジナリティを目指すとするとホイールのカスタムは避けては通れない。
きっと皆さんもいつかはカスタムしたいなって思ってるはず。

じゃあまず何を基準にホイールを選んだらいいんでしょう?

考える要素は3つ。「性能」「コスト」「デザイン」

「性能」って言うのはザックリよく走って、丈夫かどうか?
「コスト」は同じくらいの性能だったら安いほうがいいでしょ?ってこと
「デザイン」はホイール自体のカッコ良さもあるけど、自分の自転車に装着した時にカッコよく見えなきゃ意味がない。

でも、やっぱデザインが最優先。性能とコストが少しくらい劣っていたとしてもカッコいいホイールを選びたいなって思います。「自転車を今よりカッコよくしたい!」入り口はそれで充分。

ざっくり見た目で分けるなら、「バトンやディープリムといったカーボン系」と「アルミリムを使った手組み系」に分かれると思います。

上の735TRに代表されるようなエアロ系のフレームにはやっぱりバトンやディープリムがよく似合う。

フロント/HED GT3 ¥230,000-
リア/HED JET6 ¥150,000-

レースブランドのカーボンホイールはとにかくコストがかかる。その分、性能もヨダレが出るくらいに優れているんだけど、なかなか手が出せる代物ではない。シティライドには贅沢、だけど、おすすめしない訳にはいかない。
だっていつの時代もピスト乗りはHEDのバトンに憧れるものだから。

フロント/BROTURES T3 PRO ¥100,000-
リア/LEADER BIKES L44 ¥50,000-

落とし所としてBROTURESのオリジナルホイールはすごくいいと思う。
性能は耐久性重視で街乗りでも安心のスペックだし、コストも抑えている。なによりデザインがいい。
最近だと、こんな感じに組むならリアホイールはフロントのバトンとリム高を揃えるとカッコいい。だいたい40~60mmくらいが多いです。
そういいう意味じゃLEADERのL44もすごくオススメのホイールです。バランスの取れたボリューム感になりますんでね。

最近は手組みのホイールも見直されています。

 

f:id:hynm_brotures_hukui:20180309201852j:plain

H PLUS SON AT-25 x PHIL WOOD ¥43,800~

手組みホイールの面白さはリムやハブを好きに組みわせて自分好みのホイールを作れること。
コストも2万円くらいから1本組めるので上記のカーボン系のホイールに比べるとだいぶ安い。
人気どころのリムで言えばH PLUS SON AT-25(通称アーチタイプ)。ボリューム(リムの高さ)あるところだとカラーも豊富な同じくH PLUS SON SL-42
ココらへんがまずテッパンのリムであとはハブを何にするか?回転性能の高いDURA-ACEや耐久性も持ち合わせたPHILWOODが人気です。

どうしてもリム高が低くなるので、インパクトには欠るけど、永く使いたいなら手組みの方がメンテナンスやトラブル対応もしやすいのでおすすめ。

たどり着いたのはカーボンの手組み

BROTURES F-55/F-35 ¥45,000-

さんざんカスタムしてきて、現状行き着いたのがカーボンの手組みホイール。
シティユーザーのための「性能」「コスト」「デザイン」が全て詰まってる。FシリーズのリムはBROTURESのオリジナルプロダクトです。わざわざオリジナルで作ったのには理由があります。
ハブとスポークの選択によって性能もコストもコントロールできますし、どんなフレームにも似合う。万能なリムです。