CINELLI ”Vigarelli” この赤は、最速の証。

世界48カ国、600人以上のライダーが一度に集う世界最大級のピストクリットレース「レッドフッククリット」

2017年”RED HOOK CRIT”にて総合優勝を果たした”Team Cinelli Chrome

チームライダーである”Davide Vigano”

そんな彼がシリーズ最終戦イタリアはミラノにて使用した”Vigorelli Alu”スペシャルカラーが数量限定で発売。

フレームセット/¥138,000-(税別)

ライダーであるViganoの名から”Vigarelli(ヴィガレリ)”と名付けられた当モデル。
従来のモデルであるVig”o“relliから、Vig”a“relliに変更されているのは、ヴィガーノの綴りが「Vigano」であり
それをもじったものだそうです。
CINELLI特有の遊び心もそうですが、彼の素晴らしいリザルトへのリスペクトを感じます。

フレームの随所にはCHROMEを筆頭にスポンサーロゴが散りばめられています。

日本では数量限定での販売となり、フレームにはシリアルナンバーが刻印されています。

トップチューブには“VOLAVIGA!”のロゴが。

「Volare Davide Vigano!(飛べ!ダヴィデ・ヴィガーノ!)」の略みたいですね。

こちらは本家が組んだVIGARELLI。迫力がありますなー。

さてここでRED HOOK CRITをご存知ない方へ簡単にご説明。

RED HOOC CRIT(以下:RHC)とは?

2008年にアメリカ、ブルックリンにて以降オーガナイザーを務めるデイビット自身の誕生日に地元の腕利きメッセンジャーを集め無許可で路上レース”アレーキャットレース”を始めたのがきっかけ。

開催から数年は深夜に開催するなど完全にアンダーグラウンドな違法レースでしたが、2010年にCINELLIがメインスポンサーに付いた事により以降、舞台を世界に向けて急速にムーブメントが広がっていく事になります。

肝心なレース内容は市街地を封鎖し、街中に作られた1LAP/1.24kmと非常に短いコースを24LAPし、誰が1番にFINISH出来るかを競う自転車ロードレースです。

使用するバイクはピストバイク(FIXED GEAR/固定ギア)オンリー。
更に原則ノーブレーキ、スキッド(後輪をロックさせてブレーキをかけるトリック)が禁止されています。

きちんと整備されたトラックと違いコースは普段から人が行き交っているまさにストリート。
路面状況はもちろん雨天であってもレースは続行される為、派手なクラッシュが当たり前のクレイジーなレース。

このRHCを日本でも開催出来るよう、オーガナイザーのデイビットは検討しているとの事。
現実的にはまだもう少しかかるようですが、開催されたらピストバイクの認知度もグンと上がるでしょう。


こちらははあくまでクリットっぽくアッセンブルしました。
VIGORELLIはスローピングフレームですが、そこまで気にならないですね。
ピストでスローピングっていうと嫌がられることが多いですが、純粋にスピードを求めるならこっちの方が効率いいんです。RED HOOK CRITで総合優勝を果たし市街地で最速を証明しています。

全世界で136台のうち、日本に入ってきているのは30台ほど。迷ってられないね。