ロードバイクとピストバイクを持つこと。

f:id:hynm_brotures_hukui:20180606192337j:plain

勝手な印象ですが、ピストバイクの面白さとか新鮮味ってロードバイクに乗ってる人ほど感じやすいように思います。
それは恐らく頭のどこかで「自転車はこういうもの」という知識がある程度体系化されているから。

ロードバイクとピストバイクは似て非なる自転車です。
細かい違いはあるけれど、一番大きなところはギアでしょう。
ロードは前後の多段ギアによってだいたい20〜30のギアシフトが可能なのに対して、ピストは1つだけ。

ピストバイクの大きな特徴の一つである固定ギアは、ほとんどの人が乗ったことのないギアです。
これまでママチャリにしか乗ったことにない人も、ロードやマウンテン、BMXなどの自転車にずっと乗っていた人も一様に同じ感動を味わえることでしょう。
ただ、ピスト以外の自転車に慣れ親しんだ人ほどその衝撃は大きいと思います。

固定ギアはペダルと後輪が連動して駆動します。一輪車みたいな感じ。
これを頭で理解できているようで、実際にいきなり乗りこなせる人はあんまりいません。
しかし、この奇妙なシングルギアを乗りこなすことは、自転車への理解を深めることに大きく繋がります。

自転車も乗るのが上手い人はピストも上手いです。
逆に言えば、ピストが上手い人は、自転車に乗ることが上手いってこと。
固定ギアによるペダリングのダイレクト感や体重移動の感覚、パーツごとのスペックの差異。
原始的な構造なシングルギアの方が”自転車をこぐ”ということの真に迫れるのだと思います。

ロード、クロス、マウンテン、シティ、BMX、ファット、ミニベロ…etc
超簡単に自転車をカテゴライズしても沢山の種類があります。
その中でもピストバイクはキワモノ、マニア扱いされるようなジャンルです。

最近ではピストバイクへの印象は徐々に変わってきたように思います。
一昔前のノーブレーキピストの危険なイメージから、より日常に寄り添ったバイクへ。
ファッショナブルで普段遣いしやすいルックスは私服でも気を使わない縁の下の力持ち的な自転車。
故障やメンテナンスも少ないので維持も楽ちん。
日頃の通勤、通学にピスト、週末ガッツリ走るならロードという風な棲み分けをされている方が増えてきました。

どっちが良いとか悪いとかじゃなくて、どっちの良さも楽しめるようになれば最高だと思いませんか?
乗る前から不安要素を募るよりも、まず乗ってから考えてみてください。
自転車好きならシングルの深みのある面白さをわかってくれるはずです。