コレを観ずに、ピストバイクを語るな!〜サンフランシスコ・ムービー編〜

ピストバイクってどんな乗り物??

f:id:hynm_brotures_hukui:20160702132159j:plain

トラック(競輪)で勝つために120年前に開発された自転車。

ペダルと後輪のギアが直結しており、最高速を出し続けられるようアシスト効果がある。ペダルの回転を止めるとホイールの回転も止まるため、全てのスピードコントロールを己の足のみで伝えられる楽しみがある。

イギリスのモーターバイクメーカーTRIUMPHのピストバイク開発からスタートしている。

ピストは最近のトレンド扱いされることもあるが、間違いなく二輪の"THE ROOTS"ではないでしょうか。

 

サンフランシスコのメッセンジャーからストリート文化に

2000年代初頭にメッセンジャー速く走れば儲かる。という理由でストリートヘッズがアメリカンドリームを描き、メッセンジャーが人気になった。下積みのアーティストやスケーターなど、スタイリッシュでクールなライダーが集まった。

そこで、ストリートを最速でデリバリーし、1日100kmのアグレッシブライドに耐えられるバイクが、ピストバイクだった。

※ちなみにアメリカ人は FIXED GEAR BIKE / TRACK BIKEと言います。

 

 

メッセンジャーが集結し、映像作品を作り出したのが、、、

 

MASH

f:id:hynm_brotures_hukui:20160702205500j:plain

 

”ストリート・ピストバイクの教科書”とでも言いましょうか。

本来トラック競技場で前に進むために作られたピストバイクを、スキッド(後輪をすべらせる減速)やスタンディングを駆使し、メッセンジャーのリアルな走りを追求。

スピード感に誰もが度肝を抜かれるはず。

DVDの価格は高騰し、購入することは厳しいと思うので、下記のリンクからvimeo/youtubeを駆使し、MASHの世界観をお楽しみ下さい。

vimeo.com

 

MACAFRAMA

f:id:hynm_brotures_hukui:20160702205724j:plain

 

3年間クリエーターライダーを撮り続けた映像作品。

サンフンランシスコの町並みならではのスリリングなダウンヒルや、テクニカルでトリッキーなライディングが興奮をかき立てる。

本編58分に対し、4時間半のボーナストラック付き。もう一度言います、4時間半のボーナストラック付き

俺達がカルチャーを作るんだ!という気迫がヒシヒシと伝わってきますよ。

スケートボード界のレジェンド、ジョン・カーディエルが不慮の事故で片足を負傷し、スケートどころか歩行すらままならない状況で、”ピストなら乗れる”と鳥肌モノのライディングは、見る人が見れば、涙腺が崩壊します。

www.youtube.com

 

乗り方の手本がない時代に、体一つでとんでもない走りをし続けた結果、ピストバイクが進むものから遊ぶものへと変化したのだと思います。

日本ではブレーキを付けることが義務付けられていますので、あくまでも安全に乗っていただきたいものですが、

ピスト乗りとしては、いつかはマイバイクと共にサンフンランシスコの坂を下ってみたいものですよね。